clem.jpg

貴志祐介の『クリムゾンの迷宮』を読んだ。

あらすじ
藤木芳彦は、この世のものとは思えない異様な光景の中で目覚めた。
視界一面を、深紅色に濡れ光る奇岩の連なりが覆っている。
傍らに置かれた携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。
「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された……」

カバーイラストが僕の好きな藤田新策氏だったので買ってみた。
米澤穂信の『インシテミル』や高見広春の『バトル・ロワイヤル』などと同様のゼロサムゲーム系のサバイバルホラーです。
生き残りを賭けたこの手のタイプの物語は、ついついハマっちゃいますね。
読みやすいし、主人公の藤木視点なので感情移入もしやすい。
ラストのオチはなんとなく途中でわかってしまったのもあるけど、ちょっと淡白すぎるかも、、
でも、全体を通しては充分楽しめました。
85点
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 subolog all rights reserved.
プロフィール

sue

Author:sue
仕事関係のブログ [ネオン屋]
dinky signs
こっちもよろしく。



SNS
facebook/Hiroshiroh Sue
twitter/sue_sign

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード