FC2ブログ

subolog

revengers

r.gif

渡辺裕之の『復讐者たち』を読んだ。
傭兵代理店の第3弾です。
これも先日東京に行った時にd2から廻してもらった本。
何故か僕とd2の間で贔屓になってる作品です。

あらすじ
前作で殺人鬼大道寺と格闘の末、怪我を負った藤堂浩志は森本医院に入院していた。
退院後、リハビリも兼ねて森本の友人が営む整体治療院を紹介され、甲府でのんびりと2週間を過ごした。
東京へ帰るため甲府駅に着くと、電源を切ったままの携帯に再び電源を入れた。
すると、それを待っていたかのように携帯が鳴り出した…

六本木で50口径もの大型拳銃を使った殺人事件が相次いだとのこと。
被害者は総てアラブ系人種。
藤堂は傭兵時代にイラクを訪れた時に見た『人間狩り』を想起したのである…

このシリーズ、だんだんオモシロくなって来た。漫画感覚で読めるところがイイですね。
それにしてもこんなハイペースで書ける筆力はスゴい。んだけど、大丈夫かな?飛ばしすぎると今度はどんどん落ちてくんだよね。そんな作家さんイッパイいますよ。
原リョウぐらいで丁度良い気もする。(笑)
今回、序盤で古武術を伝授されていたから、ラストの戦闘シーンでは披露されるんだろうと思ってたら何のことはない。。肩すかしにあったちゃった。次回持ち越しってことかな?

それにしても渡辺氏も可成りマニアですね。
殺人犯のデザート・イーグルに対向して藤堂たちが携行したのがハイキャパ5.1ってのが渋いよ。なかなかのセンスだ。

今作は福井晴敏と落合信彦を足して割った感じです。75点
  1. 2008/10/23(木) 19:22:35|
  2. books
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ